なぜその風景がおもしろいのか

Why is the landscape interesting

2016 府中市美術館 東京

公開制作68

 

公開制作に先立って、地域住民に話を聞きながら市内探索をして、私が感応する風景を探し写真に収めました。その写真を使ってドローイングをし、その風景がなぜ面白いと思ったのかを自分なりに検証。私が魅力的だと思った建物や景観の部分を抽出して立体作品に作り直し、空間に配置しました。暮らしの中に隠れていた風景が作品に変換されることで、あたらに生命を得ていくプロセスを公開制作しました。

 

素材:木、塗料、硝子、キャンバス、ワイヤー、トタン波板、ブロック、塩ビパイプ、アクリル板 他

 

開催期間:2016年7月16日(土)〜10月30日(日)

公開制作:8月16日(火)17日(水)21日(日)23日(火)27日(土)28日(日)9月3日(土)4日(日)10日(土)1日(日)

完成作品展示:10月1日(土)~30日(日)

アーティストトーク:10月30日(日)

会場:府中市美術館 公開制作室