ゆらぎ

Fluctuation
Fluctuation 2012 KYORIN UNIVERSITY HOSPITAL Photo by Nakasa & Partoners
Fluctuation
KYORIN UNIVERSITY HOSPITAL garden and corridor Photo by Nacasa & Partners Inc.

杏林大学医学部付属病院

2012

建物のエントランス正面の庭と、対峙するガラス渡り廊下の空間構成。

建築家とのディスカッションを通して、「生命のゆらぎ」をキーワードに、景観全体から「世界の循環」が感じられるような空間づくりを目指しました。直線が美しい建物に対し、中庭の植物の配置構成には曲線を用い、緑の上に浮かぶ波形の鏡面彫刻は水・命を表しています。ガラス張りの渡り廊下の天井の色彩は、大地の緑から宇宙の青までのグラデーション。西側に面したその廊下の色彩は、日没時、刻々と夕方の空の色にとけ込んでいきます。植物の間に点々と灯る照明は、渡り廊下ガラスに配置された、小さくゆっくりとまたたく光の粒へと繋がり星空へと溶け込んでいきます。

 

素材:ステンレススチール、塗料、LEDライト、照明器具、植物 他

サイズ:ステンレススチール彫刻 9体 W330cm×H48cm×D60cm 3体 W400cm×H48cm×D60cm 3体 W470cm×H48cm×D60cm 2体 W530cm×H48cm×D60cm 1体

■正式名称: 杏林大学医学部付属病院

■設計:   竹中工務店

■住所:   東京都三鷹市新川6-20-2

■空間:   中庭とガラス渡り廊下

■仕事:   中庭の彫刻、庭の計画、照明計画、渡り廊下の色彩計画

■アート計画プロデュース: (株)TAKリアルティ(現(株)TAK プロパティ)

■制作施工: エー・アイ・エム株式会社 (現:三和タジマ株式会社)

Fluctuation
Fluctuation 2012 KYORIN UNIVERSITY HOSPITAL Photo by Nakasa & Partoners
Fluctuation
Fluctuation 2012 KYORIN UNIVERSITY HOSPITAL Photo by Nakasa & Partoners
Fluctuation
Fluctuation 2012 KYORIN UNIVERSITY HOSPITAL Photo by Nakasa & Partoners
Fluctuation
Fluctuation 2012 KYORIN UNIVERSITY HOSPITAL Photo by Nakasa & Partoners
Fluctuation
Fluctuation 2012 KYORIN UNIVERSITY HOSPITAL Photo by Nakasa & Partoners