街のはなし N35°35’05.26″ E139°32’59.44″

N35°35’05.26″ E139°32’59.44″

 

えーと、なんだ、チャネルハウスといってた、うん、そうですね、シェアハウス。以前は賃貸アパートだった。そこの遊歩道、むかしは汚かったんだけれども、修復、修景っていうんですかね、それがはじめて実現したところ。美しが丘中部自治会のなかにあるアセス委員会の仕事としてですね、わたしはずっとこれを追いつづけていたもんで、ここをえらびました。

美しが丘中部地区には歩行者専用道路っていう遊歩道が、3300メーターある。東京オリンピックの頃に、これ、できたんですけれども、えー、40年以上たって古くなって、あまり評判が良くなかったんですね、ええ。ハイヒールのかかとがこわれちゃったりね、雑草が生えたり、いろんなことがあって。で、2010年に修繕したんです。
どうしてそれができたかっていうのを、順を追って申し上げます。この人と車を分離するための遊歩道は、有名なニュージャージーにあるラドバーンという街の方式をまねたんですけれどもね、できた頃は、前代未聞ということで、横浜市から歩行者専用道路としてみとめてもらえなかった。この遊歩道、30センチ角の舗石ブロックが敷いてあるんだけど、その下は実は砂なので、車でとおるとデコボコして車道としてはつかえない。つまり、姿や仕様は遊歩道なんだけれども、法律としては車道、車を乗り入れてかまわないということになっていた。ですからあの、体と心とが分離しているという、SF的な感じの道路だったんです。けれどもね、2004年、努力のかいあって、やっと名実ともに歩行者専用道路になったんですね。ただですね、そのときに行政から「美しが丘さん、そうはいうけどその遊歩道、あんまりきれいじゃないね、デコボコだね、で、草も生えてるね、あれでは楽しく歩けないよね、」と言われてしまった。たしかに、とおもいまして、アセス委員会でワーキンググループをつくって、遊歩道の研究をはじめたんですね。あれはわたしがアセス委員長になる前だったかな。3人のグループだったんですけどね、ワークショップやって、住民も参加して、いろんな人に教えを請うて報告書をつくりました。それができあがりつつあったときに、横浜市から、改修方針について意見をもとめられたんで、アーバンコンサルタントにはいってもらって、道の長さをあんまり意識させないようなデザインにしたらどうか…と。ということで、横ラインで別の石を入れれることになった。トランクなんかをゴロゴロひっぱっていくとわかるんだけど、石によって音がかわるんです。すごくリズミック。それですすんだ距離も感じられる。そのアイディアを住民の方にもOKいただいてアセス委員会として2008年に報告書を提出した。

しかしだしたはいいけれど、それから一年半なしのつぶてで、うんでもなきゃすんでもない。たぶん役所の誰かの引き出しにはいっちゃって、眠ってるんじゃないかとおもってたんです。けどそれが突然ね、予算はとった、この歩行者専用道路を一本なおしましょう、と。ついては住民の意見をきかせてくれ、ときた。報告書には、直すときには、住民も知恵をだしますから、とかいいてあったものですから、それを受け止めてくれてたわけですね。それで、青葉土木事務所の人たちがこられてね、大勢でちゃんと会議をやったんです。それで、前とおなじ素材をベースにして、それにプラスアルファをつけると。それは、いま白くなっている部分。極端にいうと一枚の石の値段が10倍。10倍もするいい石なんです。まあ予算の枠はきまっているんですけど、たとえば、って横浜市の方から提案がきたわけです。で、えらぶにあたっては住民があつまってきめたんです。住民の意見をちゃんと吸い上げてくだすって、それで、デザインの選考もぜんぶまかせてもらった。そういうことまで行政がやってくれるということはすばらしいこと。そういうのは珍しいとおもうんだよなあ。うん。それだけ苦労して、つくったものですから、わたしとしては思い入れがあります。177号線というんだけどもね、道には起点と終点があるんだけど、特にその177号線の起点をポイントにあげようとおもいます。
それから東日本大震災のあと、地震に強い水道管に取り替える工事が、歩行者専用道路であったんですね。それでこの模様をぜひほかの遊歩道にもつけていただけないか、というお願いをしたら、横浜市が予算をちゃんと組んでくださった。水道局にも横浜市からちょっと補助するようなかっこうでそのデザインで舗装してもらいました。いま、遊歩道全体の30%くらいかな、できてます。

中部自治会アセス委員会は、2003年年末に建築協定から地区計画に移行したすぐ翌年、2004年にできて、今年で13年。わたしは最初5年間事務局長をやっていて、そのあとの5年、委員長をやって。いまはヒラ。会議はね、1ヵ月に1ぺん定例会をひらいて、地区計画の見守りっていうことで、新しく家がたつようなニュースをできるだけ早くキャッチして、情報を整理して住民のみなさんにお伝えをする。街なみづくりがメインなのでどぎつい色はつかわないでください、とか、そういったこと、お願いしています。そのほか、ユリノキ通りの清掃とか、中部自治会館の整備や、ここは地区計画の区域であるということを、自他ともにみとめるために立札を立てたりとか、パンフレットをつくって、我々はこういうふうに街づくりをしています、ご協力ください、というふうにしています。

 

写真/文:谷山恭子   編集・校正:谷山恭子/藤井本子