Concealment 2019

Concealment

I form discarded objects that I collect – cans, rusty metal, empty bottles – to abstract sculptures, which I document photographically and by video before pouring plaster on them. Acton of covering the objects is the metaphor of “concealment”. Discarded objects are the metaphor of trash = negativity, past, or memories.
The white smooth surface pretends nothing is hidden underneath. When I walked the former Berlin Wall from south to north some times in different seasons, I was impressed that Germany has archived the negative past very well and open to the public. I created this conceptual sculptures when I felt the big differences of attitude to the understanding of history. (Many societies tend to hide negativities in general, Japan is no exception.)
With the video footage of the garbage sculptures, which are shown as a projection together with the plaster sculptures, I simultaneously reveal the origin and process of this concealment. Also, I have broken one of the sculptures and showed with other sculptures and the video.
The owner of the sculpture can get the right to break the sculpture. (contact: kyocotaniyama@gmail.com)

Material: plaster, trashes that I picked up on the path of former Berlin Wall

Size: Please refer to each pages

空き缶、さびた鉄、古着など、旧ベルリンの壁の周辺からひろってきた不用品を組み合わせてつくったオブジェに石膏をかけ彫刻をつくりました。石膏をかけてもとの形をおおう行為は、”隠蔽”のメタファーです。昔誰かの持ち物だった不用品は、ゴミ=負、過去、記憶、のメタファー。
白くスムースな表層は、その下に何も隠されていないかのように装います。2018年に旧ベルリンの壁を南から北まで季節を変えてくまなく歩いたとき、積極的に負の歴史を保存し公に公開しているのを目にして、日独の歴史認識に対する大きな態度の違いを感じ制作しました。(多くの社会が負の歴史を隠す傾向にあると思います。)
制作過程では、その不用品オブジェと、それに石膏をかけ流す瞬間を、ビデオと写真で記録しています。作品は、その映像と、ひとつの壊され中身が露わになった彫刻とともに展示され、彫刻の意図を示唆します。
彫刻の所有者となる人は、彫刻を破壊する権利も得られます。(お問い合わせ

素材: 石膏, 旧ベルリンの壁から拾ってきたゴミ

サイズ: それぞれのページをご参照ください。