stone will flow, leaves will sink 2019

stone will flow,

leaves will sink

During one year residency in Künstlerhaus Bethanien, my interest lies on how politics and societies deal with negative aspects and events in the present and history as well as the tendency not accounting for the past, but rather wanting to conceal it. In the spring, summer, and autumn, I walked along the entire route of the former Berlin Wall through the center of Berlin and photographed fallow land, old facilities, as well as recent remains such as garbage. In the exhibition, I accordingly present a B&W photo series “Missing Memories“, which is equipped with artistic commentary in the form of cutouts.
I form discarded objects that I collect – cans, rusty metal, empty bottles – to abstract sculptures “Concealment“, which I documents photographically and by video before pouring plaster on them, creating harmoniously shaped artistic metaphors of concealment. With the video footage of the garbage sculptures, which are shown as a projection together with the plaster sculptures, I simultaneously reveal the origin and process of this concealment. I present the works of my installation as an experimental tour, giving the viewer the opportunity to constantly gain a new perspective on things.
On certain moments during the exhibition at the Künstlerhaus Bethanien I offered visitors the opportunity to smell the scent of an incense obtained from the precious resin of agar-wood “Jin-koh”, which sinks in the water – a property alluded to by the title of the exhibition, “stone will flow, leaves will sink”.

Multimedia installation

Material: refer links > Concealment (sculpture), Disremembering (HD-video), Missing Memories (photography)

Installation size: approx. 170 sqm

 

Period: 18th January – 10th February, 2019


Venue: Künstlerhaus Bethanien


Support: Fellow of Overseas Study Programme for Artists, Agency for Cultural Affairs, Government of Japan 2018-2019

石は流れ木の葉は沈む
2019 クンストラーハウス・ベタニエン

ベルリン、ドイツ
 

“stone will flow, leaves will sink”=“ 石が流れて木の葉が沈む “ ” 浮石沈木 “ とも言いますが、これは世の中が理不 尽であることを嘆く言葉です。 負の歴史認識に基づいた記録を公に公開しているドイツの姿勢に感銘を受け、日本や世界の現状を見返したことが制 作のきっかけとなっています。 春、夏、秋と季節を変えて、かつてあったベルリンの壁と壁の間の無人地帯を南から北まで歩き 2000 枚以上の写真 を白黒フィルムで撮影しながら ” 記憶と忘却 ” のあり方について思考しました。その写真郡から、”Disremembering” という、旧無人地帯の現在の風景が水で流し消されていく映像作品と ”Missing memories” という、写真の一部が切り 抜かれている写真シリーズが生まれました。 そのシリーズの制作後、旧ベルリンの壁の散策途中に拾い集めたゴミを石膏で隠した彫刻”Concealment“を制作しました。負、また は真実を覆い隠し、何事もなかったかのように綺麗に繕おうとする傾向にある世の中や人間の性質を視覚化するとと もに、真実に対する疑問を投げかけています。なめらかな表層で覆われた彫刻の表面には、中に隠された負の隠喩であ るゴミから染み出た色素が残っています。展覧会では、一つの彫刻を破壊した状況も “Truth will out” という作品とし て展示されました。作品を購入する所有者には、彫刻を破壊する権利が与えられます。

展覧会開催中、毎週末の夕方に1時間、展覧会のタイトルに因んで選んだ、水に沈む香木の”沈香”を焚き、空間に香りを満たし、観客と会話を交わす機会を作りました。

マルチメディアのインスタレーション

素材: 参照 > Concealment (sculpture), Disremembering (HD-video), Missing Memories (photography)

インスタレーションサイズ: 約 170 平米
期間: 2019年1月18日-2月10日

 

<<