CV
Site-specific installation / Art project

Kyoco is creating site-specific multimedia installations based on the research of the local historic identity. I am attempting to celebrate life, humanity, and our environment through my works.

After The Great East Japan Earthquake of March 11, 2011, my activities have been grown into integrated works between site-specific installation with research-based art-project, and I have been focused on daily life, location, local identity, and humanity moreover. (Lat/Long project / One’s Ubiety / MACHI no HANASHI – Town Stories / stone will flow, leaves will sink)

Through the COVID-19 pandemic all over the world, we became aware that human economical activities have broken a sustainable harmonious environment seriously continuously last decades. We ought to have had the sense of “humans possess an innate tendency to seek connections with nature and other forms of life” potentially. (by Edward O. Wilson, Biophilia, 1986)

Where are human beings heading to now? What the near future life will be like? How can we heal our environment? The pandemic gave me a big impact. I found a new keyword “Biophilic Future” for developing my further works that merge my practice, real daily life, and healthy environments. Also, this word will be the principal axis of my daily life.

Born in Japan, live and work in Berlin/Tokyo.
Exhibitions of note from recent years include: “Stone will flow, leaves will sink” ( solo, Künstlerhaus Bethanien, Berlin, 2018) “Why is that view so interesting” (solo, Fuchu Art Museum, Performance Art Project No. 68, Tokyo, 2016) “Tea Talks” (solo, Bradwolff Projects, Amsterdam, Netherlands, 2016) “Rainy Alley” / “I’m here” (Setouchi International Art Festival, Kagawa, 2010/2013) and others.
I have also created public art pieces in several locations around Japan. I was a recipient of a fellowship from the Asian Cultural Council in 2012-2013 New York, US, and Overseas Study Program for Artists Fellow, Agency for Cultural Affairs, Government of Japan in 2018-2019.
EDUCATION: 1994-96 Graduated the Master of Art at the Musashino Art University graduate course, 1991-94 Graduated the Bachelor at the Musashino Art University under graduate course

場所特有の文化、歴史、日常風景からインスピレーションを得て、彫刻、写真、映像をつかったインスタレーションで、わたしたちの生命や存在、いまある環境をたたえる作品をつくっています。

2011年の東日本大震災のあと、わたしの活動はサイトスペシフィック・インスタレーションとリサーチベースのアートプロジェクトを融合したものへとひろがり、さらに日常、場所、場所特有のアイデンティティ、人の属性について焦点をあてるようになりました。

コロナウィルスのパンデミックをとおして、わたしたちの経済活動は、持続可能で調和のとれた地球環境を過去何十年にもわたって深刻に破壊しつづけてきたことをが明らかになりました。本来わたしたち”人間は、自然やそのほかの生命との繋がりを得ようとする内在的傾向を有している。”はずなのに。(by Edward O. Wilson, Biophilia 1986)

人間はどこに向かっているのだろう?どんな未来が待っているのだろう?どうしたらわたしたちの環境を癒すことができるんだろう?
パンデミックはわたしに大きな衝撃を与えました。わたしは、わたしの制作と日常と健康的な環境が溶け合わさったようなこれからの作品のために、新しいキーワード”Biophilic Future”を見出しました。この言葉はまた、わたしのこれからの日常の軸を成すようになっていくでしょう。

日本生まれ, ベルリン在住。近年の主な展覧会に、“Stone will flow, leaves will sink” ( solo, クンストラーハウス・ベタニエン、ベルリン、2018)「なぜその風景がおもしろいのか」(個展、府中市美術館 公開制作68、東京、2016)「Tea Talksお茶と祖国」(個展、Bradwolff Projects × ZBK Zuidoostアムステルダム オランダ、2016)「HERE TODAY」(グループ展、箱根彫刻の森美術館、神奈川、2014)「雨の路地」/「I’m here ここにいるよ」(瀬戸内国際芸術祭、香川、2010/2013) 「目を凝らし耳を澄ます」(大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ、新潟、2009)「Echo」(個展、void+、東京、2005)「Three rooms」(東京国立博物館 表慶館、東京、2001)その他美術館ギャラリーでの展示。日本各所にパブリックアートも設置している。2012-13 アジアン・カルチュラル・カウンシル フェローシップ、2018-2019 文化庁平成29年度新進芸術家海外研修員としてベルリンにて研修。
EDUCATION : 1996 武蔵野美術大学造形学部大学院修了、1994 武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒業